かつやまとお父さん~第二章

芸人の息子と親子共演にあいなった….

 

 

 

『実家でTVのロケしても大丈夫かな?』 いつもながらに淡々とシンプルなLINEが私と妻に届いた。

『いいよ!』

『もちろん!なんでも映していいよ』

『ありがとう。吉本の社員さんか群馬テレビさんから連絡がいくね』

 

翌日、群馬テレビの飯沼ディレクターから電話が来て番組の詳細を丁寧に説明していただき、後日 飯沼ディレクターと森プロデューサーが企画書を持ってやってきた。

高崎観光特使ジョイさんの【JOYのASOBU-TV JOYnt! 】の番組内で息子のコンビ衝撃デリバリーのかつやまの自宅を群馬の新スポットとして紹介するという内容を説明していただいた。

今から思うと、かつやまの家がロケできるような家だとわからないで撮影前取材にきたようで、来てみたら面白かったので二週分撮ろうと発案したような…..

 

群馬テレビのお二人に私の自宅を案内すると….「この家で二本撮れますね」と話していた。

「好きに使ってください。息子のために協力します。私は当日は会社に行っています」と話すと、森PDと飯沼Dは「いやいや、お父さん出てください。」と話すのである….

 

森PDは番組内でもちょくちょく映る方で「かつやま君はこの家の説明はできないでしょ?お父さん面白いから出てください」というので「マンダロリアンのマスクを被って出てもよいですか?」と本気で聞くと「いいですよ」とニヤニヤして答えてくださった….

同席した次女も「出なよ。かつやま君より面白いんだから出たほうがいい」

飯沼Dも「お父さん面白いから是非是非」と目が真剣だったので「分かりました。妻はどうしますか?」と聞くと「出てほしいです」とのことで妻はその日の授業を中止して朝からロケ班の皆様への食事などを用意した。

 

8月6日の午後から夕方まで4時間強のロケは順調に終わり、私は衝撃デリバリーに頼まれて【衝撃デリバリーYouTubeのかつやま自宅公開】のロケも1時間おつきあいした。

 

息子かつやまが芸人になり、いつかロケに来る日を予想してTV映えするように作った自宅が芸人になり6年目にしてメディアに紹介された。

また、かつやまの高校時代のメモリー【佳津山杉本のすべらない話し】のブルーレイもオンエアされた。これは本当に嬉しかった….息子のために約ひと月仕事をほったらかして制作した映像であったので….番組終了後に録画を見直しで感動でいっぱいになった。

 

先日放送された【衝撃デリバリーかつやま実家ツアー後編】でいみじくも息子かつやまが「芸人6年目で親子共演できた」と語っていたが…..本当にありがたいことだと思っている。

 

近くのコンビニ、蕎麦屋さん、知人から「観ましたよスーパースター」「バービーさんですね」と番組の反響を感じている。

 

芸人の父と母を夫婦で楽しませてもらっている。

 

健康に長く生きて息子たちの活躍を観てみたいと思う……

 

JYOnt!や衝撃デリバリーYouTubeをご視聴していただいた皆様に心から感謝を申し上げます。

 

 

大大坊の加藤くんが「ラーメン食べますか?」とほほ笑むのだが胸いっぱいでそれどころではなかった….加藤くんありがとう。ジョイさんも飾らない方だった。感謝感謝。

 

かつやまとお父さん~第二章  完

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お好きな方法でお問い合わせください。

お越しの際は必ず事前予約をお願います。