アランチャータ

イタリアの国民飲料水サンペレグリノ社の微炭酸オレンジ・ジュース【ARANCIATA】から名前をいただきました。施主のご主人様がイタリアのペルージャに5年すんでいた事と、奥様が地中海の太陽のように明るく、オレンジ・ジュースが似合う方なので、イタリア人なら誰でも知っている【アランチャータ】をタイトルにして『日本人が絶対に住宅建築には使わない色』を裏テーマにしました。 パステル・カラーやオレンジ色は軽自動車や車では使われますが多くの日本人が敬遠します。ミントグリーンとクリーム色(肌色)、サックス(水色)、ピンク(桃色)、オレンジ(橙色)、木の自然な色、チェック柄、花柄…そして極め付けはイタリアン・レッドも使い 日本人の非日常を演出しています。

ご主人の年収が当時少なく、まずは安い土地探しから始めました。不動産屋さんから『ぱっとしない土地です』と案内された土地は草ぼうぼうで高低差がある狭い土地でした…奥様のお母さんの生家が見える土地でもあり、強い縁を感じお二人にお奨めしました。リビングを二階に持っていけば素晴らしい景観が拝めると思ったとおり二階から見るパノラマ・ビューは最高です。

26.84坪と小さい家ですが最高の見せ場が詰まった傑作と自負しています。『非日常を演出する』というテーマで常に誰かに見せるように飾りつけられている家は数年経った今でも傑作です。

Living Room

地中海テイストの畳部屋を低くして2Fリビングにロフトをつくりました。
建具や梁はバーナーで炙り、ひし形造形は巴座本社をインスパイアして色目も近づけました。

Dining

2本の炙った梁は新品の材木を古材加工しました。あくまでアクセントであり、構造用ではありません。

こだわりポイント

二階がダイニングになっていて、温かな日が差し込むとても気持ちのいい部屋となっています。家族が一番共有するスペースだからこそ、常に明るく、そしていつまでも可愛い空間がいいなぁと思いました。 気づくとパッと目にとびこんでくるのが、可愛い花柄だったり、ピンクのチェック柄といった様々な色や柄の、非日常的な空間。 賑やかな我が家にとって、素敵な空間を存分に楽しめています。
天井にも木をおごりました。屋根下には通気システムを採用しているので白い瓦もあいなって2階なのに夏も熱くない。机もツーバイ材で制作しました。

こだわりポイント

家具などが買う予算があまりなかったため、手作りのテーブルを作って頂きました。とても嬉しかったです。 テーブルの高さや奥行きにも合わせて頂いたお洒落な家具も、とってもお気に入りです♡ どれも可愛いのが本当に嬉しい。まだまだ重宝していきます!

Kitchen

キッチン流しから見える異世界… 飾るために生まれた空間

Others

パリの高級子供ブランド"BON PON"のチロリアンシャツが魅せるために作ったニッチのペンキと合う。
薄いオレンジ色のチェック柄の洗面所。厚いツーバイ材で小物置きをつくった。
奥様の頻繁に変える演出で【ARANCIATA】は、いつも可愛い…

こだわりポイント

アランチャータは手作りのものが多いです。 家の二階のドアは、ほとんどが手作り。棚、靴棚等も手作りで、玄関には座って靴を履けるようにと、手作りのベンチもあります。 それらをペンキで可愛く色をつけて頂いたりと、一つ一つ細かい箇所までお洒落なので「ずっと可愛いおうちにしていよう!」という意欲がいつも湧きあがっています♡
1階小屋裏を利用した秘密の遊び場…
パインの無垢材は21㎜。冬も裸足で気持ちいい…

こだわりポイント

子ども達が走り回ったり、隠れて遊んだりできる隠し部屋があったりと、大人から子どもまで楽しく過ごせる可愛いおうちなので、全ての空間がどれも自慢となっています。

HOUSE DATA

坪数 26.84坪
平米数 88.59㎡
地域 高崎市上佐野町
その他 土地から購入。高低差を利用して土止めをつけて可愛いオレンジ色の坂道や自転車の道も作りました。
・新築2年後住宅ローン借換えで太陽光HIT244 3.9Kw追加(東側屋根のみ)電気代は黒字との報告です。

OWNER’S VOICE

アランチャータ オーナー様

アランチャータは、図面はもちろん壁紙から装飾まで、社長に全てお任せします!とお願いして、つくって頂いたおうちです。夢にみたマイホームが完成したときに初めて「え?自分のお家がこんなに可愛いの!?」と知りました。 驚き…そして、感激したことは今でも忘れられません。
いつまでも、おうちを可愛く魅せていきたいなぁ…と、非現実的な空間に日々変化をつけたり、可愛い小物を飾って工夫したりと、気づいた頃には「アランチャータ」という家を、存分に楽しんでいる私たちがいました。 今でもとっても快適で、お洒落な生活を楽しんでいます。
いつでも誰かをお招きしたい素敵なおうち、と自信をもって言えます。色んな人が「アランチャータ」を見にきて遊びにきてくれたら嬉しいなって思っています。

お問い合わせ・ご相談はこちら